FC2ブログ

雨の裏庭

掌編未満のSSや思いついたシーンなどを気ままに書き散らしていくためのブログです。

 遅くまで残業して帰ろうとしたら、図書館の外には雨が降っていた。壮麗な彫刻に外壁を飾られたこの大陸一の図書館は、王宮に勝るとも劣らない威容を誇っている。天を突くほど高く優美な尖塔も、巨大な石造りのアーチを支えるための支持構造も、全てがこの国の技術の粋を尽くして作られた知識のための聖域だ。
 仕事を終えたシンシアは、彫像の間に隠れるようにして開く小さな扉から顔を覗かせて、思わずため息をついた。右手に抱えた本が、ずっしりと重くなったような気がする。
「傘を忘れたのか」
 振り向いたシンシアは、見知った顔に目を瞬かせた。淡い金髪にサファイアブルーの瞳の、貴族然とした美貌の青年だ。王立魔術学校附属図書館勤務のシンシアとは一応同僚、と言うことになるのだろうか。けれどその仕事の内容は、大きくかけ離れていた。シンシアは地上勤務で、青年――ライゼルの勤務地は地下だ。
 地上にそびえ立つ図書館の姿は、文字通り氷山の一角に過ぎない。王立魔術学校が開設されてから建てられた図書館の地下には、『先人たち』が残した広大な遺構が広がっていた。世界図書館と呼ばれるそこには、世界中の知識を魔術的な方法で蓄積した『魔道書』が無数に眠っている。遺構を守る『守護者』たちを征伐して失われた知識を地上にもたらすのが、ライゼルたちの仕事だった。
「はい、今日は本を借りて帰るつもりだったんですけど……」
 このまま出て行けば、本を濡らしてしまう。自分が濡れるのは構わないけれど、それだけは避けたかった。
「一度、置いてこなくちゃ……」
 半分独り言のように呟いて顔を上げたシンシアは、難しい表情で黙り込んでいるライゼルに気付いてはっとした。
「ご、ごめんなさい。お引き留めして」
「引き留められた記憶はないが」
 反射的に謝ってしまった後で、自分でもそうだと気がついた。確かに呼び止めたのはライゼルの方だ。
「ええと……」
 どう返したら良いのかわからなくて、シンシアは口ごもってしまう。
 いつもそうだ。ライゼルと顔を合わせる機会はそう多くないけれど、顔を合わせるたびに自分は何か失敗をしている気がする。
「寮までだろう。送っていく」
 ライゼルは気怠そうに胸ポケットから小さな本を取り出して、おもむろに広げた。
「えっ、でも」
 止める間もなく、彼は古代語の呪文を低く唱えてしまう。本から浮かび上がった魔法陣が輝くと、二人の周囲に雨よけの結界が展開される。
「ついでだ。気にするな」
 無表情で促されておずおずと隣に並びながら、シンシアはライゼルの横顔を見上げた。
「ライゼル様、方向が逆なのでは……」
 第三王子である彼は、今日は公式な行事があるとかで王宮まで戻る予定のはずだ。そう、さっき同僚が噂していた。
「大した距離じゃない」
 図書館よりも奥まった所にある職員寮までは、五分くらい歩かなくてはならない。大した距離ではないと言われればそうなのだが、あまり話したこともない男性に送ってもらうには少し抵抗があった。
 いや、違う。相手がライゼルだからだ。他の同僚なら方向も同じだし、と気軽に提案に乗ってしまえるはずなのに、ライゼル相手だと緊張してしまう。相手に下心がないとわかっているのに――いや、だからこそ、自分の気持ちがとても醜く思えて、いたたまれない気持ちになる。
 武術に長けたもの特有の鋭い気配を纏いながら姿勢良く歩いて行くライゼルと並ぶには、自分は余りにも誇るものを持っていない。
 会話もなく気まずい雰囲気のまま、寮の玄関に着いてしまった。
「あ、あの」
「もしかして迷惑だったのか」
 お礼を言おうとしたところで先手を打たれて、シンシアは未だかつてないほどに狼狽した。
「ちっ、違います! 全然! そうじゃなくて!」
 慌てて両手を振ろうとしたら、手が滑って本を落としてしまった。
「あっ」
 大事な図書館の本が濡れてしまう。そう思って慌てて伸ばした手は、ライゼルより一瞬遅かった。空中で本を捕まえたライゼルの手に、遅れて伸ばしたシンシアの手が重なる。
「す、すすすすすすみません!」
 真っ赤になって後退るシンシアに、ライゼルは困ったように本を差し出した。
「……いや。俺の方こそ、妙なことを言って悪かった」
「違うんです……」
 目を合わせられなくて両手で無駄に丁重に本を受け取りながら、シンシアはますます真っ赤になる。
「本当に、助かりました。私の方こそ、変に緊張してしまって、不快な思いを……させたのではないかと……でも、助かったのは本当で、むしろ嬉しかったというか……」
 どんどん何を言っているのかわからなくなってきて、消え入るような声になってしまう。ほとんど泣き出しそうになりながら、シンシアはライゼルが小さく息を吐くのを聞いた。
 やはり、呆れられてしまったのだろうか。心臓のあたりがぎゅっと苦しくなったけれど、だからこそせめてお礼くらいは目を見て言わなくては。
 なけなしの勇気を振り絞って顔を上げたシンシアは、そのままぽかんと口を開けてしまった。
 ライゼルはどこかほっとしたように微笑していた。いつも厳しい表情か無表情だから、こんなに柔らかい雰囲気の彼を見るのは初めてだった。
「あの……ありがとうございます」
 呆然と見とれたまま、シンシアは呟く。
「いや……こちらこそ」
 表情を消したライゼルが明らかにかみ合わないことを言うので、シンシアは思わず笑ってしまった。自分でもおかしなことを言ってしまった自覚があるのか、ライゼルは微かに頬を染めて視線を逸らす。
「じゃあ、また明日」
「はい。ありがとうございました。おやすみなさい」
 微かに頷いて去って行くライゼルを見送りながら、次はもうちょっと緊張せずに話せるかも知れないと思って、シンシアは静かに微笑んだ。

スポンサーサイト
 むかしむかしあるところに、ひとりの年若い王様がおりました。やさしく海が凪いだ穏やかな春のある日、王様は浜辺でひとりのうつくしくたおやかな娘と出会いました。
 娘は浜辺に咲くすみれの花を手折っては、小脇に抱えたかごに集めていました。輝く黄金の髪と雪花石膏のようになめらかな白い肌、そして何よりも楽しそうに歌う、彼女のうつくしく自由な歌声に、王様は夢中になりました。
「うつくしい乙女よ、あなたほどうつくしいひとは見たことがない。私と共に城に来てくれないか。絹も黄金も宝石も、あなたが望むすべてを与えよう」
「いいえ、寂しい王様」
 娘は彼女の前にひざまずいた王様を見下ろして微笑みました。
「どんなうつくしい衣装にも宝石にも興味はありません。この花ひとつあれば、私は望むうつくしさを手に入れられるのですから」
「私の妻になれば、どんな貴族も騎士たちも、あなたの前にひざまずくだろう」
「いいえ、寂しい王様。私はそんなものをほしいとは思いません。だれにかしずかれたとしても、この広い空の下で歌うよりしあわせな気持ちにはなれないでしょう」
「どうしたらあなたは私の気持ちを受け入れてくれるのか」
「あなたが私に、その愛と魂のすべてを捧げてくれるなら」
「私の心はもう既にあなたのものだ」
 そして王様はむりやり娘の手を取って、お城へ連れ帰りました。

 王様のお城は海の上にありました。遠い遠い昔に、王様のご先祖様が人魚の都を攻め落とし、その上に作ったお城です。
 王様は連れ帰った娘を着飾らせ、盛大な結婚式を挙げて妻に迎えました。
 けれどふしぎなことに、黄金と宝石で着飾った娘は、浜辺で出会ったときの半分もうつくしく見えなかったのです。
 どうしてあんなみすぼらしい娘を、と、皆がうわさしました。人々のつめたい視線に、娘はあのうつくしい声で歌うことも忘れてしまいました。がっかりした王様は、結婚して半月もたたないうちに、娘の顔を見に行くこともなくなってしまいました。

 ひとりぼっちにされた娘は、毎晩塔の上で歌うようになりました。その歌声は、もう以前のような浜辺に響くうつくしく楽しげな歌声ではありません。ふるさとから引き離されたかなしみを歌う、聞く者の胸が張り裂けそうなくらいせつない歌声でした。娘のかなしい歌声にこたえるように、海と空は荒れ狂いました。
 嵐の中に響く歌声と、その中に立って歌う娘のうつくしさに、人々はおそれを抱きました。そしていつの間にか、王様が迎えた妃は魔女なのだと、だれもがひそかにささやきあうようになったのです。
 その間も、いくどもいくども嵐は城を襲いました。

 困ったのはお城に仕える船乗りたちです。皆は口々に、魔女を殺して海に平和を取り戻してくれるように王様に頼みました。
 娘の歌を気味悪く思い始めていた王様は、その願いを受け入れてしまいました。

 お城の広場で、あしもとに薪《たきぎ》が積み上げられていくのを待ちながら、木柱にくくりつけられた娘は歌いました。彼女が失ってしまった、どこまでも広い海と空の歌を。それはもはやかなしみに染まった歌ではなく、自由な空を、広々と続く海への、いとしくやさしい愛の歌でした。
 けれどその歌が、王様や娘を魔女だと思っている人々の心に届くことはありません。
 このままでは海と空がまた荒れ狂ってしまう。
 そう思った人々は、急いで薪に火をつけました。炎に包まれながら、娘は歌い続けました。その声を聞いた海と空はかなしみ、怒りました。娘と王様が交わした約束を、彼らは聞いていたからです。
 海と空はお城に襲いかかり、そこに住むひとも建物も、すべてを波間に沈めてしまいました。
 そうしてその地は再び人魚のものになり、火あぶりにされた娘の魂は、彼女を生んだ海のもとへと還っていったのです。
お題:戦争とむきだし 必須要素:右手 制限時間:15分 文字数:759字

 震える手で照準を合わせ、引き金を引いた。背後で彼も応戦しているのを感じた。乾いた跳弾の音。誰かが上げる断末魔の悲鳴。もう、襲いかかってきているのが敵か味方かすらもわからない。確かなのは、ただ背中を預けている彼の存在だけ。
 どうしてこんなことになってしまったのか、正直なところ今でも不思議に思う。ほんの一年前まで、私の暮らしている世界は平和だった。経済の動揺や、軍備の拡張、私のように魔術に秀でた子どもの保護……考えてみればそれらしい兆候はあったけれど、あの頃は戦争が始まるなんて私も私の周囲の子どもたちも考えてもみなかった。
 彼――私と背中合わせに戦っている彼と出会ったのもその頃だ。同じように魔術に秀でた存在として、同程度の実力を持つ彼と私は引き合わされて、パートナーとなった。その関係は今でも続いている。訓練用の銃が実弾を込めた実戦用の武器に変わり、扱う魔術も実験用から攻撃用に変わり、彼も私もずいぶんと人を殺すことに慣れてしまったけれど。
「リウ、このままここにいても埒が明かない。どうにか隙を見て移動する!」
 銃撃の騒音をついて、彼の怒鳴り声が聞こえた。
「了解!」
 私も精一杯声を張り上げて応え、彼が突破口を開く援護に回る。

 ややあって、彼の銃弾が敵の指揮官を捉えた。指揮系統が乱れ、隙が生じたのを見て、私たちは一気に戦場を駆け抜ける。敵の攻撃を、むきだしの殺意を、防弾装備と魔術の結界で跳ね返しながら。

 ついた先は戦闘地域から少し離れた、崩れ落ちた民家の影。彼は私の右手を取り、緊張で固まった右手の指を、一本一本銃から外していく。その手つきだけは、出会った頃から変わらずに優しい。
 私はこの手を頼りに、この先も戦場を渡って行くのだろう。彼と自分の右手を見つめながら、そんなことを思った。
お題:とてつもない俺 制限時間:15分 文字数:1124字

「何かとんでもないことをやってやるんだ」
 少年はそう言って、きらきらした瞳で私を見た。
「とんでもないこと?」
「うん。何かすっげーこと」
 この幼馴染みの少年と私は今までたくさんの秘密を共有してきたのだけれど、こんなに気合いの入った様子は初めて見る。
「見てろよ、俺、やるから!」
 そう言うと彼は駆けていった。

 もう、十年近く前の話だ。彼はあれからあまり変わっていない。軍役につくときも、大学へ進学したときも、彼は必ず「何かすごいことをやってやる」と言い放った。そして言葉通り軍隊で彼はエースパイロットになったし、大学では今まで誰も成果を上げていなかった分野で論文を発表して高く評価された。
 でも、彼は満足しない。
「お前にすごいって言われないと意味ないんだよ」
 大学から故郷に帰ってきた彼は、私を近所の喫茶店に呼び出して近況を報告した後、そう言った。
「俺、お前のためにがんばってるんだから」
 その台詞だけで充分すごいと私は思うのだけれど、思うだけで表情には出ていないのだろう。だから彼は満足してくれない。
「あんたはがんばってると思うよ」
「じゃあ、もっと褒めてくれ」
 幼馴染みは偉そうにふんぞり返りながら情けないことを言った。
「軍隊でも大学でも良い成績だったんでしょ?」
「そういうことじゃなくってさ」
 ではどういうことなのか。彼が私に何を求めているのかわからない。
「だーもう、どうしたらわかってくれるんだよ」
 頭を抱える彼を、私は困惑して見つめた。そんなこと言われてもわかるわけがない。
「すげーって言われたいわけ。小さい頃みたいにさ。きらきらした瞳で」
「きらきら……?」
 きらきら、していたのは彼の方だ。私はいつだってそれを見ていただけで、自分では何もできなかった。今だって……。
「お前がきらきらして見つめててくれれば、俺は何でもできるわけ」
 とてつもなく恥ずかしいことを言いながら、彼は真っ直ぐ私を見つめてくる。
「や、やめてよ……」
 思わず視線を逸らすけれど、彼は無理矢理こちらをのぞきこんできた。
「すげーって言ってよ」
「すごいって、思ってるよ、本当に」
 恥ずかしさを堪えて、どうにか彼の瞳を見つめ返す。紅茶色の瞳に、戸惑った表情の私が映る。
「本気で、言ってるよな?」
 彼の瞳がきらきらと輝きだした。
「うん」
 それが嬉しくて、私の頬が緩む。彼の瞳の中の私が微笑む。その笑顔は少しだけあの頃の幼い憧れを残していて、私は自分も変わっていないのだと気付いてしまう。
「本気だよ。私、あんたのそういうところ好きだから」
「やっと言ってくれた」
 私を見つめ返す彼は、心底嬉しそうに笑っていた。
お題:ナウい薔薇 必須要素:ペットボトル 制限時間:2時間 文字数:1582字

 カフェの窓際には、ペットボトルに入った薔薇が飾られていた。青紫色の小さな薔薇は、ペットボトルの狭い口からどうやって中に入り込んだのか、水に満たされたボトルの中で静かに浮かんでいる。窓から差し込んだ日差しに、その花びらは少し色褪せてしまっているようだった。
「これ……あれ?」
「あれって言われても……あれって何?」
 ケーキをつつきながら正面に座った青年に話しかけると、困惑した声が返ってきた。
「あの、どこかのお酒会社が開発した青い薔薇?」
「……そうかもね」
 ちらりとペットボトルに目をやった青年――志藤武弘はさほど興味もなさそうに頷いた。
「どうしてここに飾ってあるんだろう」
「さあ」
 会話が面倒くさいのか、志藤は短く言葉を切る。私は小さくため息をついて、ペットボトルをつまみ上げた。目線の先で水と薔薇がゆらゆらと揺れる。ちょうど浮力が釣り合っているのか、薔薇は浮かび上がることも沈むこともない。
「……綺麗だけど、ちょっと変な色」
「人工的に作られたんなら仕方ないんじゃない」
 ペットボトル越しに志藤を見つめる。切れ長の瞳はシルバーフレームの眼鏡の向こう。整った顔立ち。羨ましいくらい艶のある黒髪。半分くらいコーヒーが入ったカップを前に、自慢の彼氏は持参した文庫本に視線を落としている。志藤が読書家なのは知っていたし、本を読みながらだと会話がおろそかになることもよくわかっている。だから彼の返答がいちいちつっけんどんでも気にしたくはないのに。
 ――寂しい。
 放って置かれている、ような気分になる。一週間に一度のデートなのに。今日このカフェで待ち合わせてから、ほとんど会話らしい会話はしていない。
「ねえ、志藤」
「何?」
「今日、これからどうする?」
「行きたいところがあるなら付き合う。ないなら」
 ふと言葉を切って、青年が顔を上げた。
「本屋に寄って帰りたい」
「また本かー」
 思わずため息をついてしまう。駄目なのか、と、志藤の切れ長の瞳が問いかけてくる。
「いいよいいよ、付き合うよ。今日はどこの本屋?」
「駅前で良い。なんか疲れてそうだし、お前」
「……え?」
 言われて意味がわからなくて目を瞬かせる。
「試験、どうだったの」
 二日前に終わったばかりの大学の試験。今期は単位の上限を上げてもらったから、レポートもテストもたくさんあって大変だった。でもそのことは志藤に言っていない。
「どうって……まあ、普通に終わったけど」
「……悪かったと思ってる。気晴らしとか、付き合えなくて」
 何か。
 何かとんでもなく珍しいことが起こっている気がする。どういう風の吹き回しなのだろう。
「志藤、何か悪いものでも食べた?」
 問いかけると、志藤は気まずげに眼鏡の位置を直し、本に目を落とした。
「いや。たまには……と、思って」
 自分でもらしくないことを言っている自覚はあるのだろう。志藤の頬が微かに紅潮する。
「ありがとう」
 こんなことくらいでこんなにも嬉しくて、会話の素っ気なさも本ばかり見ている態度の悪さも全部許せてしまう。
 私はまたペットボトルの薔薇に視線を戻した。水の中に浮かぶ青い薔薇。
「これが置いてあるの、涼しげだからかな」
「もう冬だけど」
 あっという間にいつもの素っ気なさを取り戻してしまった志藤が言う。
「ねえ、早くコーヒー飲んじゃいなよ」
「行きたいところでも思いついたの?」
「うん、花屋さん」
 志藤が本から目線を上げて、私をじっと見つめた。何のために、と、その瞳が言っている。
「青い薔薇、見てみたくなっちゃった」
「売ってるかなあ」
「見るだけ見てみようよ」
「いいけど」
「じゃ、決まり」
 私は機嫌良くケーキの最後のひとかけらを志藤に差し出した。
 志藤は一つ頷くと、素直にケーキを食べてくれた。
| ホーム |